was neues

Young rich 遊んでる平日

『乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~』に参加してきました。

 『乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 6th YEAR BIRTHDAY LIVE~』初日・明治神宮球場公演に参加して参りました。 2018年、遂にメジャーでいま一番大きな流れともいえる乃木坂46のライブに初参加。端的に言ってめちゃめちゃ楽しかったです。

 

f:id:esora333:20180707004308j:plain

 

 一番のハイライトとしては、「裸足でSummer」の大サビ前での出来事。それまでふらっとステージを見ていたところ、隣の兄ちゃんが「盛り上がらないと損っすよ!」と、新内眞衣さんの推しメンタオルを渡してきて爆笑しました。久々にライブで拳を上げたのですが、上半期には感じられなかった量のアドレナリン出て良かったです。あと、齋藤飛鳥さんマジ可愛いですね。 そのほかにも、どしゃ降りのなか、自分の目の前に敷かれた花道で星野みなみさん~西野七瀬さん~白石麻衣さんが笑顔で踊られていたり、アンダーナンバーも良曲揃いだったりと、見所満点でした。特に、与田祐希さんはどこから見ても、どこから映しても可愛い。ウソだろ、と思わされたレベルです。

 

 野外でのライブ、さらにどしゃ降りのなかというとても開放的なシチュエーションで、きらびやかなシンセサウンドでグループが新たなステージへと進むため、そして当時新規加入の三期生に夢を追い続ける大切さを語った昨年リリースの「逃げ水」(ちなみにセンターは三期生の大園桃子さんと、私の好きな与田祐希さん)~西野七瀬さんセンターのAkira Sunsetクレジット「今、話したい誰かがいる」~後期U2のサウンドにリスペクトを表した、コンテンポラリーダンスを吸収した最新曲「シンクロニシティ」~初の神宮球場で生駒さんの絶叫と共にライブの幕を下ろした「太陽ノック」と、代表曲のクリーンナップとともに、照明が照らされるステージを前に、ただただ雨を浴びて夜空を見続けている時間が本当に最高でした。

 

 ここまで長く綴ってしまったように、久々にヘッズのキモチ、ライブ中にふいに我を忘れて空を見上げてしまう瞬間が度々ありました。それこそ「乃木坂46」という、おそらく今この国で最もメジャーな名前(=記号)の音楽、当初はあまり興味が湧かなかったのですが、本当に良かったです。「インフルエンサー」とかリリース当初は……。ただ、実際にライブを体験してみると、当たり前ですがCMや街鳴りで抱いた印象とか異なるものが多々ありました。

 

 メンバーの卒業と加入を繰り返し、メンバーの循環を欠かさず、同時にグループとしての充実を感じさせてくれる乃木坂46。続くリリースやライブも本当に楽しみになりました。次もファンとして行きたいです。最後に、とても良い時間を過ごせました、ありがとうございました。