テラスハウスの件。

 テラスハウスの件。人によっては読まないほうがいいかもしれません。

 この数ヶ月、いくつか記事にした音楽ネタはあったけど、正直、こんな感じで文章を載せるとは思わなかった。家族が外出する間際にニュースを見て、まるで自分が犯人かのように悟られないようにしてしまったし、それは視聴者=共犯者としての意識が表れた瞬間なのだ、自分の肩にも責任の一端が乗っているのだと思うと、本当に身体が動かなかった。

 原稿の締め切りにはさすが間に合わせないとと思って最低限の仕事はしたけれど、1日を通してなんにもできなかった。昼過ぎに起きて、何もできずに夜になった。自分はあまり政治的な発言を大っぴらにしないように振る舞っているけれど、ここ最近の動向もあって、数日前から検索エンジンのネットニュースを見ないようにしてきた。そして今日は、もう本当に耐えきれなくなってTwitterのアカウントも削除した。仕事があるという建前で、自分は弱い人間だから、そのうちアカウントは元に戻すだろうし、テラスハウスが放送再開した日には、ひょっとしたらそんな日は未来永劫に来ないのかもしれないけど、なんだかんだチェックしてしまうと思う。

 で、これは自分でも薄々気づいていたけど、テラハは本当に悪趣味だなと再認識させられた。毎週火曜日を楽しみにしていた視聴者が何を言っても無駄なのは承知の上で、そんな想像力の欠如した箱庭での模様をスリリングな映像なのだと勘違いしていたのは、本当に自分の悪い部分が出ていたのであって、こういう事件でもない限りは一生認めることができなかったと思う。コロッセオの剣闘士が殺しあう様子を眺める安全な一般市民っていう比喩は、自分でも納得してしまった。

 そして、別に誰にも責任をなすりつけるわけではないが、SNSの発展に伴うTV視聴のあり方や、某書で読んだようなアイドルやタレントのオンオフの境目がなくなっていることなども影響してくると思っている。リアリティショーって考え方はもう今の価値観には合わないのかもしれない。それでも楽しんで見ていたバカが自分なわけだけど。

 正直、そういった性質の番組である以上、人の悪い側面があったらどうしてもSNSでの何気ないコメントなり、何かしらの形で発信すると思う。ただ、別に本人に対してリプライという形で非難をぶつけるのは、自分の倫理感としては少なくとも大間違いだし、本当に意味のない行為だと思っている。それを理解していない人が、今回のニュースが明らかになった後に、関係者のコメント欄で怒りの再生産を繰り広げている図が見るに耐えなくて、結果的にTwitterを見られなくした。

 前から知人友人にはちょくちょく言ってるけど、時期を過ぎたSNSは本当に滅んだほうがいい旧時代的な呪いだし、クラブイベントの生配信などを享受している身で言うのは説得力の欠片もないが、インターネットもなくなってほしいと思っている。クラブイベントの生配信で内輪ノリを引きずって出演陣を困らせているオタクも死ぬほどダサい。誰も幸せにならないから辞めたほうがいい。

 その時々で抱いていた感情は異なるにせよ、毎週欠かさず番組を観ていたわけだから、価値観という意味ではさらさらなく、自分としては距離感として勝手に近いものを感じていた。自分は幸いにも知人友人を自殺などで亡くしたことはないけれども、たぶんこういう感情になるんだと思う。そして今回の件は、自分もそれを楽しんでいたポジションにある以上、本当に先が見えない。ただ、最低な人間という自負はあるから、結局のところ明日の朝には食パンとかを食べて、仕事はするのだと思う。週明けには編集部にインスタ映えしたジャムの写真を送らなければならない。

 でも今回の件は本当に辛い。何にも考えられないし、改めて自分が普段は複数の視点から物事を考えようと意識しているつもりな人間を装って、いざという時には身体を動かすことさえままならなくなる人間だと痛感させられた。こんなにありありと人が自殺するまでを見せられたことはない。そんな過程はもう二度と見たくはない。とても辛い。木村花さん、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 追記:自分も仕事で文章を書くし、取材から編集までを去年は一通り経験したからわかるけど、ジャンルなど細々としたことを抜いて大雑把に一言に集約すると、編集っていうのは本当にどうとでもなる。素材を活かせるし腐らせもできる。今回の番組内での一連の出来事も、常に「編集されている映像」として認識はしてきたし、その意識を毎回強く持った上で視聴したつもりでいたけど、足りなかった。編集は怖いし、無知であることは本当にだめだ。