was neues

川崎の工場地帯出身のラッパーとHiGH AND LOWと内田彩さんが好きです

『ラブライブ!』は「1人でしない」物語 <FLY BOY RECORDS>とμ'sの関連性をアーティストとしての姿勢より探る

  KOWICHIが、12月13日に5枚目となるオリジナルアルバム『SPLASH』をリリース。同アルバムより、リードトラック「Day Ones feat. T-Pablow & DJ TY-KOH」のMVを公開した。

 

KOWICHI「Day Ones feat. T-Pablow & DJ TY-KOH」MV

 

 KOWICHIは、ヒップホップレーベル<FLY BOY RECORDS>を主宰する、神奈川県川崎市多摩区在住のMC。KOWICHIのリリックは、同レーベルのクルーやこれまでの人生、さらには男性心理などを、実際の出来事に忠実かつ巧みに表現する。「Day Ones」には、盟友・DJ TY-KOHのほか、同じく川崎区池上町を代表する9人組クルーBAD HOPより、『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日)で一躍その名を知らしめたMCのT-Pablowを客演に迎えている。KOWICHIは、現在BAD HOPが開催している全国20都市を巡るツアー『BAD HOP MOBB LIFE TOUR』にも参加しており、『SPLASH』のリリースもあわせ、ますます活躍の場を広げることだろう。そんなKOWICHIと<FLY BOY RECORDS>の代表曲に、レーベル一丸となり音楽活動に向き合うことを宣言した「バイトしない」のほか、2017年3月発表の「1人でしない feat. DJ TY-KOH & YOUNG HASTLE」がある。同曲は、KOWICHI、そして盟友のYoung Hastleが、<FLY BOY RECORDS>の仲間によって自身の音楽活動が成り立っていると歌う、支え合いの精神を描いた楽曲。

 

DJ TY-KOH「バイトしない feat. KOWICHI & YOUNG HASTLE Prod. by ZOT on the WAVE」

 

 そんな「1人でしない」には、2013年4月より放送されたTVアニメ『ラブライブ!』及び2015年6月に全国ロードショーとなった『ラブライブ!The School Idol Movie』と共通のメッセージ性を読み取ることができる。

KOWICHI「1人でしない feat. DJ TY-KOH & YOUNG HASTLE」MV

「1人でしない」 ※KOWICHIのバースより抜粋

俺のソロアルバム 仲間たちと企む

音をもらってバースを書く

録れたら仲間に聴いてもらう

意見言い合う 曲が良くなる

1人じゃない制作 全国各地回る

 

1人じゃ無理できない 支えられてるLIFE

1人でしない 恵まれてる仲間とFLY

1人でしない 俺たち1人でしない

仲間とやる1人でしない 俺たち1人でしない

 

 ラブライブ!』に登場するスクールアイドル・μ’sは、東京神田に住む高校2年生の高坂穂乃果からはじまった。穂乃果の通う音ノ木坂学院は、入学希望者の減少により統廃合の危機に。穂乃果は学校を救うべく、幼馴染の園田海未南ことりとともにμ’sを結成。その後、作曲を担う西木野真姫や、かつて同校でスクールアイドル活動をいち早く始め、同時に挫折を経験した矢澤にこをはじめとするメンバー9名が集い、切磋琢磨する物語だ。そんな同作より、第1期6話「センターは誰だ?」を紹介したい。同エピソードは、まだμ’sが1年生と2年生各3名、そして3年生の矢澤にこの7名で構成されていた頃のものだ。μ’sの始動者であるはずの穂乃果の普段見せる適当な振る舞いに、「本当にμ’sのリーダーなのか」と疑問に思うにこ。メンバーの話を聞くうちに、穂乃果がリーダーらしい務めを果たしていないと知る。結果、にこはグループのセンターを誰が務めるべきか決めるべきだと迫るのだった。同エピソードでは、最終的にセンター不在かつ穂乃果が改まった仕事を務めずとも、彼女の姿勢がリーダーの器に足るものだとメンバー全員が感じ決着がついた。

 

f:id:esora333:20171214015743j:plain

 

 μ’s内のメンバーの関係性は、<FLY BOY RECORDS>にも通じる。μ’sでは、作詞を海未、作曲を真姫、衣装制作をことりが担当。穂乃果はそれらに大きく関わることがないものの、同グループのフロントマンを担っている。つまり、μ’sのメンバーは“全員主役”なのであり、穂乃果1人や他のメンバーだけで活動で成り立っているのではない。μ’sは9人が揃い、はじめてμ’sとなるのだ。これは「1人でしない」で歌われている<FLY BOY RECORDS>の制作模様と共通しており、トラックメイカーのZOT on the WAVEから<音をもらってバースを書く>とは、μ’sにおいてまさに真姫と海未の関係を指しているのだ。(ラッパーは自身のリリック<歌詞>を自らで制作するため、ここでは穂乃果=KOWICHIの構図とはならない)また、ことりの衣装があってこそ、μ’sは初めてステージに立てるのであり、楽曲や衣装制作の全てをとおして<1人じゃない制作>といえるのだ。

 

f:id:esora333:20171214015838j:plain

 

 あわせて、『ラブライブ!』第2期6話「ハッピーハロウィーン」も紹介したい。同エピソードでは、秋葉原ハロウィーンイベントにμ’sが招待され、同ステージにて新たに披露する楽曲を制作する。同じくイベントに参加するA-RISEと対抗できるような、これまでのμ’sとは異なるインパクトを残したいとメンバーは試行錯誤。部活のユニフォームや、ヘヴィメタルバンドの衣装を着用するなどで、これまでのイメージを大きく変えようとするも失敗。メンバーの意見をひととおり採用した結果、これまでのμ’sの良さが見えなくなってしまったのだ。結果、メンバーは自分たちらしくステージに立つことを決意し、新曲として「Dancing stars on me!」を披露。このエピソードには、「1人でしない」の<意見言い合う / 曲が良くなる / 1人じゃない制作>という部分が意図せずとも重なるよう描かれている。μ’sがパフォーマンス向上を望み、意見を出し合う姿は、まさに<FLY BOY RECORDS>の姿勢そのものであり、これも決して“1人で”できるものではない。「Dancing stars on me!」が誕生する過程まで遠回りにはなったが、μ’sはメンバーが知恵を出し合うことで、よりメンバー間の絆を深めることができた。「ハッピーハロウィーン」は、いわば「1人でしない」そのものなのである。

 

f:id:esora333:20171214015901j:plain

 

 最後に、『ラブライブ!The School Idol Movie』にも触れておきたい。同作では、μ’sはアメリカ・ニューヨークにてライブを披露。しかし、ライブ前夜に穂乃果がメンバーとはぐれ、ニューヨークの街を彷徨うことに。そんなとき、穂乃果は1人の日本人女性シンガーに出会う。彼女は日本で友人たちと音楽活動をしていたが、最後には解散してたことを明かす。μ’sも3年生の卒業を控え、その一方でラブライブ!のために活動を続けるかを悩む状況で、彼女は解散の際に何を考えたのかと穂乃果は問う。女性シンガーは、その答えは“簡単”なものだったことだけを告げ、穂乃果の前から姿を消す。帰国後、穂乃果をはじめとするメンバーはμ’sが国内で爆発的人気を巻き起こしていることを知り、“μ’sをやめないでほしい”という声を受ける。スクールアイドルとして最後まで生きるか、μ’sを続けるのかを悩んだとき、穂乃果は女性シンガーに再会。そこで彼女とともに見たのは、まだ自分が幼かった頃、無邪気に公園の水たまりを飛び越えようとしていた姿。それを見て、あの頃と変わらない”ただ楽しい”スクールアイドル活動に夢中な自分に気付く。スクールアイドルとして輝くこと(=その瞬間を全力で楽しむこと)を選んだとき、穂乃果は「いつだって飛べる」と呟くのだった。『ラブライブ!』において、“飛ぶ”という行為は“輝くこと”と同義であり、その全てはアイドル活動における楽しさから生まれるものだった。つまり、μ’sの音楽活動は“飛ぶ(=FLY)ことなのである。これは<FLY BOY RECORDS>でも同様であり、ラッパーとして成功し大金を得ること、そして音楽を楽しむことは『ラブライブ!』における“飛ぶ”という行為そのものなのだ。KOWICHIとYoung Hastle、そして<FLY BOY RECORDS>は、“飛んで”おり。それは<FLY BOY RECORDS>というレーベルタイトルを見れば明らかだろう。<FLY BOY RECORDS>の音楽活動は、まさにμ’sと同じ輝きを持っているのであり、彼らもまた「SUNNY DAY SONG」を披露したスクールアイドルの一員なのである。<すごいのはA-RISEやμ’sだけじゃない>、<FLY BOY RECORDS>もまたスゴいレーベルなのだ。

 

 『ラブライブ!』シリーズより、静岡県沼津市を舞台に少女たちの成長を描く『ラブライブ!サンシャイン!!』も、第2期がもうまもなく幕を閉じる。彼女たちの物語が終わるとき、スクールアイドルであるAqoursは何を掴むのか。Aqoursの物語の行く末に想いを巡らすとき、<FLY BOY RECORDS>の楽曲が何かヒントを与えてくれるだろう。今後さらなる輝きを放つであろう、Aqoursと<FLY BOY RECORDS>の背中を温かく見守っていきたい。

内浦、スクールアイドル、寺生まれの女子高生……『ラブライブ!サンシャイン!!』にこめられたメッセージを楽曲の歌詞より紐解く

f:id:esora333:20171202004018j:plain

 

 「パンチライン」という言葉がある。HIPHOPにおける、楽曲の歌詞中でもっとも印象深いフレーズを指す言葉だ。静岡県沼津市内浦を舞台に、スクールアイドル・Aqoursの成長を描く、現在放送中のTVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』(TOKYO MXほか)の楽曲においても、リスナーの心を動かすようなパンチラインが数多く存在する。本稿では、同作の現在発表されている楽曲より、とりわけ印象に残っているフレーズを5つ紹介したい。

 

夢で夜空を照らしたい

<消えない 消えない 消えないのは 今まで自分を育てた景色>

 TVアニメ1期第6話挿入歌。歌唱当時6人であったAqoursが、地域の催しで披露した楽曲だ。物語の舞台となる内浦は、作中にて田舎町として描かれているが、そんな町のことを愛し、その土地への感謝が歌われている。そして、当時彼女たちの憧れであった、スクールアイドル・μ’sの姿を追っていたAqoursμ’sと比較し、自分たちの活動に明確な展望が見えずも、地元の仲間とともに、内浦の地より大きな夜空を照らしたいという願いが感じられる。

 HIPHOP的な側面では、hood(地元)は非常に重要なファクトのひとつであり、それは近年の日本語ラップシーンを牽引するラッパーKOHHも、「結局地元」という楽曲を制作するほど。”この地から羽ばたく”という宣言をこの楽曲で行ったAqoursは、非常にHIPHOPな存在であり、まさしく<君のhoodじゃmaybe見ないタイプ>(「Check My Ledge」/ IO)なのではないだろうか。

 

「待ってて愛のうた」

<目を閉じて聞いていたよ / くりかえす波の音を / 今日は静かに流れてく / すれ違うひともなくて / ひとりきり歩く道で ラララ…口ずさむ愛のうた>

 2ndシングル『恋になりたいAQUARIUM』カップリング曲。まだ大人になりきれない高校生が愛を考えたとき、その壮大さに思わず切なさを感じる姿が描かれている。この楽曲の歌詞は、μ’sにはなかった、とてもAqoursのオリジナリティ溢れるものだ。「波の音」という言葉は、前作『ラブライブ!』の舞台である東京都神田では聴けず、Aqoursだからこそリアルに伝えられる要素である。劇中で描かれる、高海千歌の実家前をはじめとする、内浦の海岸線沿いを歩きながら、Aqoursのメンバーがこの歌を口ずさむ様を想像できるだろう。自分ひとりの環境で、凪の穏やかさに身をあずけられる環境で歌われることで、「待ってて愛のうた」は初めて成立するのではないだろうか。

 また、<愛のうたの香りは / 潮風より青くて / もっと確かめたい香りさ / 青く切ない香りさ>というフレーズでは、「潮風」という言葉が非常に印象に残る。少し切ないピアノのメロディも相まり、聴く人を自然と作品へと引き込む力を持っている。

 

ユメ語るよりユメ歌おう

<ユメを語るコトバより / ユメを語る歌にしよう / それならば今を伝えられる気がするから>

 TVアニメ第1期エンディングテーマ。「輝きたい」という一心でスクールアイドルを始めたAqours。そんな彼女たちの「ユメ」は、高校生ではまだ確かな言葉にすることはできず、代わりに”歌”という形で想いへと昇華されるのだろう。また、<それならば今を伝えられる気がするから>というフレーズは、非常に『ラブライブ!』シリーズの文脈と内容に即したものだ。前作『ラブライブ!』において、「今」とは「輝き=楽しむこと」のメタファーであった。限られた今を楽しむからこそ輝きがある。そんなスクールアイドル的な思考も、この楽曲には反映されている。

 さらに、Cメロ後半部の<Singing my song for dream!>というコーラスも大変美しく、毎話毎話をこの曲が彩っていたことで、Aqoursの次なる物語を毎週楽しみにできたのではないだろうか。また、2番では<ユメ>という歌詞が<ミライ>に置き換わる。彼女たちの<ユメ>が<ミライ>へと繋がっていく過程が、『ユメ語るよりユメ歌おう』の歌詞によって高らかに歌われているのだろう。

 

恋になりたいAQUARIUM

<なんで水のなかでも息ができるの? / たぶんさっき飲んだ熱いお茶のせいかな / まあそんなことは 気にしないっ しないでっ / サカナたちのパーティー 楽しもうか>

 2ndシングル『恋になりたいAQUARIUM』表題曲。なぜ水のなかでも息ができるのか。国木田花丸曰く、「熱いお茶を飲んだから」とのことだ。全く意味がわからない。ただ、国木田は、寺生まれの女子高生である。のっぽパンを食い、ルビィと暮らしてきた。けれども水のなかでも息ができる道理に関しては、人一倍に敏感であった……そんな「恋になりたいAQUARIUM」の歌詞は、非常に『ラブライブ!』観の詰め込まれたものだ。「”なぜ水のなかで息ができるのか」という問いに対し、先述のように「熱いお茶を飲んだから」というトンチな回答をしているにも関わらず、次の瞬間には「そんなことは気にしない」と一蹴している。細かいことは全く気にせず、ただひたすらに突き進む『ラブライブ!』的な感覚を感じられることだろう。佐々倉有吾による「恋になりたいAQUARIUM」のサンバ的なビートもあり、非常に愉快なダンスナンバーだ。

 

HAPPY PARTY TRAIN

<ステキな旅に出よう / 人生ってさ… たくさんの場所へ続いてる ワクワクだらけさ!>

 3rdシングル『HAPPY PARTY TRAIN』表題曲。今年9月まで開催された『ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR』のテーマソングということもあり、この楽曲に思い入れの深いファンも多いのではないだろうか。ライブ会場では、SLが各会場の駅名を猛スピードで通過していく映像に気持ちを奮い立たせられ、気付けば終着駅の沼津へとSLは駆け抜けていった。Aqoursと共に過ごした、ひと夏の思い出を呼び起こされる一曲だ。

 そんな同曲では、先述のフレーズがもっとも感慨深い。これまで、『ラブライブ!』シリーズでは恋愛や友情をはじめ、多くの事象が歌われてきた。その一方、ここまで明確に「人生」を語った楽曲は生まれてこなかった。そして、このフレーズを歌っているメンバーは、国木田花丸だ。国木田は、寺生まれの女子高生である。寺生まれの女子高生に人生を説かれる場面は、生きているうちで数少ないものだろう。そんな彼女の語る人生とは、「たくさんの場所へ続く」もの。今後ますます活躍の場を拡げるであろうAqoursの、明るい未来へと向かう想いが込められているのではないだろうか。

 さらに、<人生ってさ…>というフレーズは、ライブにてパフォーマンスを行う高槻かなこ国木田花丸役)も、歌唱の瞬間だけ時間がゆっくり流れる感覚を覚えるという。たしかに、このフレーズだけはそんな独特の雰囲気を感じられる。人生を歌うこのフレーズだけは、国木田花丸が歌ってこそはじめてたしかな意味を持つのだろう。『ラブライブ!サンシャイン!!』楽曲史上、現在もっとも心に響く1フレーズといえる。


 Aqoursは、アニメやキャラクターボイスを務める声優によるライブが盛り上がることで、今後さらに輝きを増すことだろう。今回紹介したフレーズや、そのほかの楽曲の歌詞。そして、内浦の地に寄り添いながら彼女たちの音楽に耳を傾けることで、また新たな輝きを覗けるかもしれない。

内田彩、自身のアーティスト活動にアップデートを掛けたライブ『ICECREAM GIRL』

はじめに <ライブに足を運ぶこと>

私は音楽が好きで、ライブによく足を運びます。

いきなりですが、コンサートプロモータズ協会のホームページによると、昨年は総計29,862本のライブが敢行されたそうです。

そのうち、私は今年、いくつかのライブに足を運びました。

さて、皆さんがライブに行かれるとして、その理由はどのようなものですか。

娯楽をはじめ、時には失恋や暇つぶし等々、様々な理由はあると思います。

ただ、私の場合、それは元気をもらいたいからという理由に帰結する気がします。

今日も私はたくさんの元気を貰ってきました。そんな話をしようと思います。

続きを読む

AYA UCHIDA 「ICECREAM GIRL」 最速フル視聴イベントに参加した話

『ICECREAM GIRL』発売記念 最速フル試聴イベント

本日は青山Editionにて開催された、AYA UCHIDA 『ICECREAM GIRL』発売記念 最速フル試聴イベントに参加して参りました。

f:id:esora333:20170912131333j:plain

内田さんのソロ活動としては初のアルバム先取り視聴会、そしてなんと限定100名ということで「本当に当たるのか…」と恐れていたのですが、無事に当選し参加することができました。

アルバムが先取りで聴ける、しかもハコ!家のボロいスピーカーじゃ聴けないような音も聴けちゃうぞ!ってことで嬉々として参加して参りましたので、今回はその恩返し…くらいのキモチでレポートが書ければと思います。

続きを読む

12種類の"フレーバー"で魅せる大人な女性の"GIRL"なココロ -ICECREAM GIRL ニコ生まとめ -

2017年と「ICECREAM GIRL」

来たる9月13日。約2年ぶりのフルアルバムを提げ、声優アーティスト・AYA UCHIDAが音楽シーンに一蹴りカマしにきます。AYA UCHIDAが私たちのもとに、再び作品を届けてくれます。ありがてえ。

彼女の3枚目のフルアルバムのタイトルは「ICECREAM GIRL」

現在は1コーラスの試聴のみ解禁されている段階ですが、マジでヤバいアルバムだと思います。ホント。聴いて。

てか、2017年のタイトルはSuchmos? イケてる良い女、"どこ探しても見つからない"?

いや、AYA UCHIDAがいつも真ん前にいますから。

続きを読む

aikoの言葉にはリアルが詰まっている 〜LLR vol.08 Zepp Tokyo公演を経て〜

まえがき

f:id:esora333:20170618015143j:plain

本日は aiko Live Tour 「Love Like Rock vol.08」Zepp Tokyo 公演に参加して参りました。

「良いJ-Popが聴きたい!」

「よくわからんけどaikoだったら絶対良い曲歌ってくれるはず」

「てかチケット取れるし行こ!」

こんな形で、本当にほとんど曲も知らないまま4月末のライブに乗り込んだわけなのですが、その日のライブが本当に楽しかったわけで……

気づけば、今日のライブのチケットとお休みが準備された形でこの日を迎えることとなりました。

約2ヶ月、半身浴の時はいつもスピーカー片手にバスタブに蹲りaikoを聴く日々。おかげで、今日のライブは前回の何十倍も楽しくなりました。

前回は、全く知らない曲だらけだったものの普通に感動してしまい、今回は歌詞の文脈も把握した上で更に泣く…みたいな形だったのですが、まだまだ一人前には程遠い。

そんなわけで、今回はライブに参加した方向けの記事となっております。ネタバレもありますのでご注意ください。

また、彼女の作品を聴き始めて2ヶ月前後の素人目線ですので、本当に大目に見てください…感想等いただけるとありがたいです。

時間の関係と内容の都合上、アンコール間際から書き始めていきます。

続きを読む

Teenage Symphony For You & Me 〜十代交響曲はまだ序章〜

4月30日、恵比寿ガーデンプレイスホールにて、山崎エリイさんによる"山崎エリイ First Live 2017 Teenage Symphony For You"が開催された。

 

f:id:esora333:20170501112148j:plain

続きを読む